9/30

いやはや。一日すっとばしてました。めちゃくちゃ眠くて…。
なんかバイオリズム的に良くない時期です。
単に気温の変化に体がついて行ってないだけかもしらん。
明日は有給取ったのでゆっくり休みます。るるる。






【今日の没になった日記】


有給とってやるネトゲTANOSIIIIIIIIIIIIIIIIIIIII!!!!!!!





結論:割と元気

イジョ

9/28

だるい…何もかも投げ捨ててニートしたい…
昼に目が覚めたら窓の外には晴天の青空が広がっていて
それを眺めて僕はこうつぶやくんだ「今日はどこへ行こうかな…」…
そんな解放感が欲しい…


ちょっと誰だよ俺の嘘か真か消したやつ…
おかげで今が現実なのか夢なのか分かんねーじゃん…ハハハ…

おまけに撃たれたのは魔力消沈…かな…?ハハハ…

イジョ

9/27

今日は帰って来てからずっと本読んでました。よって休み。(最近酷くないか)

漫画のスズもなかなか良い表情をしているので満足です。主にジト目が。
「この辺にスズ」ってコマ外に補足的に書いてある説明だったのね。
普通に四コマとして面白いのが意外だった。(なんという失礼な感想)



万世を経て平成も十を二つほど迎えましたが、これからも悠久発展の産声を上げるのは幼女のジト目デフォルメですねやっぱり、と、冬空に衣替えした悦辣小気味寒い大気に私は息を吐くのです。はぁはぁ。はぁはぁと。でへへ。





(イジョ)

9/26

生徒会役員共を一気に見終わってしまった…

このままでは結局今日のオチも【結論:この土日は買い物以外で外に出なかったですまる】になる運命なので多少ごまかします。自分からごまかしますってのも何だかな。小手先の勝負が今始まる。(ゴゴゴゴゴ)




【Q:生徒会役員共を見終わって一言】



                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< スズちゃんスズちゃん!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< すずすずすずすずすずちゃん!
すずちゃん〜〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /






【Q:生徒会役員共の良かった点】



                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< スズちゃんスズちゃんスズちゃんスズちゃん!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< すずすずすずすずすずすずすず(略
すずちゃん〜〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /







以下同文につき










【Q:スズ「こんな体でも来てるわーーーー!」(要するに二日目)】



                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< アーヒャッヒャッヒャッヒャッヒャッヒャ!!!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< アヒャーヒャッヒャッヒャヒャーーー!!
アヒャヒャヒャ〜!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /




【Q:バレンタインスズ「はい」「…おかまいなく」】

                                  \ | /
                 。                 / ̄\ 
                         *       .─( ゚ ∀ ゚ )─
     。                             \_/ 
        *                         / │ \
                    ∧ ∧          / |
                 (\( ゚∀゚))         | /
                  >   /         / |  +
                 / /ヽ_/         /  .|
                 `´             |   /        。
          ∧   ∧               | /
       。  / ヽ_/ ヽ、            / |   *        
         /  o    oヽ          /   |
    /⌒\  |    ヽ─/ .|´ヽ       /    |
    \  \ゝ.    ヽ/  / 丿     /     |          +
      \         //      |     ./            *
       >        /        |    /
      /        /         .|   /
     /   /ヽ   /    。     | /
     /  /  |  /         / |     +
     ヽ/    ヘ/         /   |
                    /    |
                   /     .|







まあいつものノリでふざけるのはこの辺にしておいて、本当、良いアニメですね。生徒会役員共。リアルタイムで見てたら待ち遠しくて仕方が無かったであろう。一気に見れるって…いいね!全部見終わった後の虚脱感もすごいけど!二期はでないのかぁああああああ!!


なんかねー、スズと他の役員との身長の関係からスズが画面内に入らないカットが多いんですが、そのたびに「この辺にスズ」とか頭だけ入ってるスズに対しての説明文「スズヘッド」がふよふよ動いたり回転したりしてたのが最高にツボだったんですわ。他にも小さいところまで手が込んでるし、いい仕事してました。普通にテンポにいいギャグアニメってやっぱ最高ですね。突っ込みもノリノリだし。写真部部長はもうなんか良い黒子だ。うん。これは久々に良いアニメだった。コミックス買ってこようと思う。


生徒会役員共、乙!!

イジョ

9/25

B級映画があるようにB級アニメもあるというわけだ





はい。
FMラジヲです。こんばんわこんにちわ。


この出だしも懐かしいですね。


今日は「なんとなく面白くないけど見ちゃうアニメ」であるB級アニメについてですが、この話を手っ取り早く進めると要求としては

・瓶詰妖精を見てほしい
・苦情は受け付けない

という二点に集約されるので、割愛します。(すんなよ)



まあ瓶詰妖精とかこのサイトだと何度も何度も紹介しすぎて今更な感じですね。とりあえずストーリーが必要とないアニメもあるという事が理解していただければ幸いです。

今日はそのジャンルのなかなか大手である「天使のしっぽ」を久しぶりに見返してまして、でも今見返すと割と悪くなかったんだな、という感想と共にどんなアニメであるかを語ろうと思います。嘘です。語るとか話が長いんだよ。概要だけ。


1、主人公がヘタレ
2、なんでヘタレかってのは生まれつき運命的に運が悪いから
3、その運の悪さを直すために冥土の世界から天使(メイド)が派遣されました!


ね、パターン入ったでしょ。
この年代のアニメはシスプリのヒットによる読者参加型の企画がアニメ化ラッシュだったので、この天使のしっぽも(元の企画は多少別物だけど)そういった主人公を読者とするハーレム物なのであります。同様の例で言うとハッピーレッスンとかありましたよね。あれはOPとEDが好きだった。他は覚えてない。

でまあこの天使のしっぽ、ハーレム物(キャラありき語りアニメ)の宿命に逆らえずいまいち纏まりのないアニメとなっているのですが、それでも、"幼少期の主人公が助けたペットたちが、輪廻転生を経て自分を助けに来る"という「恩返し」のテーマ、記憶のキーとなる主人公のハーモニカの旋律、などなど、普通のアニメのように設定や伏線は用意されているのですがやっぱり微妙です。正直な話、キャラアニメなのにキャラデザが微妙なんです。まあ、まだアニメ全盛期じゃなかったですしね…。それでもちゃんと12人、動物の守護霊として、各動物の特徴を踏まえた性格や性質を持って描かれているのは良いポイントだと思います。1話につき3人ずつ登場して、最終的にみんな主人公のアパートに転がり込むんですが、一人暮らし用のアパートに12人は入らないだろうという割と現実的な理由から活動を主にするのは毎回3人まで(他は人形に化けてる)と、他のハーレム物とはどこか一線を引く要素があったと思います。それゆえにB級なんでしょうけど(涙)。あんまり関係ないですけど、語尾に「〜だお」を付けるキャラがいたのは時代の先取りだったのかもしれません。

最終回では主人公は実は聖者様である(?)という展開になり、色々あってイケメン4人衆(※後にこの4人だけの女性向けアニメ「セイントビースト」とかいうアニメが出来るくらいイケメン)が敵として出てくるも聖者としての力に目覚めた主人公にボコられるスーパー展開で物語は幕を閉じました。なんぞ。なんぞこれ。それが私に言える最大の言葉でした。


で、ここで終わってればただのB級だったのですが、当時にしてはめずらしくなぜか続編が出まして、「天使のしっぽChu」というタイトルで第2期がはじまりました。なんとなんと、一期の最終回から1年後の話になっており、キャラがみな一年分成長しています。具体的にはキャラデザがかなり改変されています。キャラデザが良くなったキャラと、前の方がよかったんじゃないかなってキャラと、あんまり変わってない3タイプに分かれますが、まあ1期を全部見たオタにとってはキャラデザなんて今更なので大した問題でも無かったんじゃないでしょうか。

一期ではかなり地味で中途半端なキャラだった分類に入る猿の転生守護天使(モモ)が大幅に変更され、ストレートの超ロングヘアにドレス系のワンピースなど、明らかに他の小学生組二人より狙ってる優遇されている気がします。ちなみにこの子が作中でお赤飯を迎える娘です。この話だけわりと有名なんですよね。このサイトでもずっと昔から言ってることですね。うわぁ。キモオタにデリカシーを求める方が酷な話だって。(飛躍)

余談ですが、モモの中の人はたしかまだ無名なころの平野綾だったはずです。でした。(ウィキった)お赤飯で出世とか言い出した奴は酷い目に

キャラが出そろった状態からのスタートだからか、Chuはストーリーも落ち着いています。特に待機状態(人形への変化)は無くなり、12人全員が一緒に生活している模様を描いていることから、大家族モノの賑やかさ、お祭り感が出ています。小学生、中学生、高校、大人組と多様に生活スタイルが異なる12人を上手く使った演出だと思います。大人組みが生活費を稼ぐためにアルバイトをしているのも生活臭が出ていて素敵です。ていうか、ハーレムアニメってのを忘れそうになりますね。多分ここまでくると大家族アニメになってますが。まあそういう現実世界への適応もテーマに組み込まれていたのかもしれませんし、そもそも12人のうち何人かは主人公じゃない思い人がいるっていう点でハーレムアニメじゃなかった気がします。主人公へは単なる忠誠心なわけね。

そうそう、Chuを話に出すうえで忘れちゃいけないのがファンへのおまけである「毒・天使のしっぽChu」。いわゆる本編外の小ネタです。ぶっちゃけこれが一番面白いです。迷い猫オーバーランの次回予告が本編と言われていたようにこのアニメもネタ構成分には勝てなかったわけです。例外無く短いですけどね。

Chuの最終話では獣医となった主人公の憂鬱をみんなで励ます形で終わり、住んでいたアパートが動物病院になってみんなで末永く暮しましたとさ、めでたしめでたし、でハッピーエンド。こんぐらいご都合主義な方が私としては気持ちいいです。最終話まで相変わらず作画は微妙だったりエピソードそのものがあってもなくても良かったんじゃないかと思ったりテンポが悪かったりしますが、モモが可愛いのですべては些細なことです。



例の話(5話)だけは見ていてもいいかもしれません。良い話ですけど、途中までかなり酷いです。キャラの設定とか分かんなくてもどうにかなります。




以上。B級アニメの話でした。





そうそう。

生徒会役員共を見ました。かなり面白いですね。
B級アニメの話をした後でほめるとなんかアレですが、面白いですね。






結論:今日も休日は部屋で過ごしました

イジョ

9/24

・この画像

かなり昔に双葉かどっかで拾って感激してたんだけど(ひだまりからきすたがアニメ化したくらい?)誰か詳細を教えてたもれー。まあシリーズって感じじゃなくてこの一枚しか無いんだろうけど。当時すげぇ納得した。今は男主人公不在ってのが作者の単なる男描き嫌いなだけなんじゃないか、という結論に達したのでよく分からない。



背筋の収縮感っていうか背筋が凍ってるっていうか、とにかく違和感が取れない…これも筋肉痛なんだろうか?

イジョ

9/23

・ストライクウィッチーズ2 最終話

すんげぇネタばれですが、話の内容を説明します。
自己解釈につきほぼ適当ですけど。




前回デカネウロイさんのケツに主砲突っ込んだのはいいけど精力不足で何も発射できずに棒立ち(わろす)だったところから

艦長(宇宙人)「もはや…これまでか…」

もっさん「まだだ!まだ勝負は終わっちゃぁいない!」

ミーナ「いくなっつってんのに!この烈婦斬マニア!」

もっさん「いいや行きますー私が主砲発射して奴たおしますー」

ミーナ「わかったわ…絶対に帰ってきなさい!これはめいれいよ☆(キリッ)」

俺(このアニメで命令とか違反するフラグにしかならないのに不吉すぐる)

もっさん普通にヤマトに乗り込んで魔導エンジン復活

普通に何の問題も無く主砲発射(えええ)

デカネウロイさんの外壁は剥けたけど肝心のコアが全然無傷(えええ)

無傷どころかもっさんを取りこんでシールドを会得、扶桑軍の攻撃を完封

デカネウロイさんのめっちゃ恐ろしい反撃で扶桑軍涙目

艦長(宇宙人)「シールドまで使われた…もう我々に手は無いのか…」
相変わらずの噛ませ犬っぷりでちょっと悲しくなったよ。
もうちょっと出番なっても良かったんじゃないかなぁ、折角のヤマトなんだし。

宮藤「このままじゃもっさんが(魔力を吸いつくされて?)死んじゃう!」

リーネ「いっちゃだめ!よしかちゃんもしんじゃうよ!だめったらだめ!!」

リーネが宮藤に抱きついて止める(個人的にはここが盛り上がりのピーク)

このあたりの順番がちょっと違ったかもしれない(まあいいや)

宮藤がいつもどおり勝手に移動して勝手にストライカーパックつけて出る

ミーナ「そんな、魔力を消耗してもう飛べないはずなのに…!」

宮藤「私若いんで^^」

ミーナ「(^q^)」

他のウィッチ達「あ、私たちも若いんで出撃しますね^^」

ミーナ「(^q^)<じゃあ私も出ますー」

みんなで宮藤を援護しながらもっさんのところへ

最終回っぽく全員の活躍が描かれていましたのでここらへんは満足

ペリーヌちゃんもちゃんとトネール使えてよかったね!!
空気キャラじゃないもんね!!!!!

宮藤「烈風丸を使えばあのデカネウロイも倒せるはず!」

宮藤「烈風斬とか私が使えば真烈風斬になるし余裕で」

もっさん「無理だ!お前の魔力を吸いつくすぞ!」

宮藤「それでも!守りたい世界があるんだーー!」

宮藤「れっぷーーーーーーーーーーーざーーーーん!!」

魔力を全消費してデカネウロイさんをぶった切って倒す(もっさんは普通に無傷)

サーニャ「敵ネウロイ、完全に消滅しました(ニコッ)」(サーニャ可愛い)

ルッキーニ「ロマーニャが解放されたお!やったお!わんわんお!^ω^)」
ちわちわ独り舞台

もっさん「大した奴だ…だが魔力をすべて使ってしまってはお前はもう…」

宮藤「いいんです。どうせ最終回ですし。三期が出たとしてもどうにかなるんで」

もっさん「だよねー」

リーネ「よしかちゃあああああああああん!!」

リーネ、宮藤を抱きしめる。正妻すなぁ

ミーナ「みおおおおおおおおおおおおおお!!」

でももっさんを抱きしめる役はペリーヌでした。よかったねペリーヌちゃん役得

もっさん「命令どおり、帰ってきたぞ」

ミーナ「濡れるッ!」

こうしてネウロイの恐怖は去ったのです

ゆえにストライクウィッチーズは解散したのです(またか)

エンディング

マルセイユとか本編以外のウィッチ(ゲーム版の3人か?)もエンディング中にちょっとだけ登場、ひょっとしてこいつらが三期のメインになったりするのかな

みっちゃん?とまた扶桑の診療所で小鳥の世話をする宮藤
一期の終わり方をなぞってるんだろうけど…

何気にスク水ではなくミニスカートになっとるがな

おしまい



感想:宮藤さんとリーネちゃんのネッチョリした絡みがもっと見たかったです
感想2:「ラブコメ百合ありの戦闘アクション」じゃなくて「アクションがたまに入るラブコメ百合」を視聴者は求めていたと思うのですがまあストウィだから仕方ない
感想3:やっぱ宮藤が乳を揉むだけの回を作るべきだったと思う
感想4:宮藤が魔力を失ったらもう501統合戦闘航空団の話作れないじゃん、と思ったけど、そもそも3期はやる気が無いのか、はたまた本当に別のウィッチの話をやるのか、普通に「時間がたったから戻りました」で通すのか。あとお父さんの生存フラグをぜんっぜん回収して無いですよ。(一応ストライカーユニット関連はあったけど)まあ回収してもしなくてもどうでもいいよって感想が大半だと思うけど。
感想5:全体としては、最初からネタになるべくして仕込まれたネタが多数あり、ファンには見ごたえのあるいい作品だったと思います。途中のキャラ崩壊世界観崩壊がひどかったけども、まあ、それを含めて「別にストウィならいいか」と思わせる人気というか雰囲気は既に構築されているので、問題無しです。最終話がちょっと詰め込み気味だったかなぁ。
感想6:普通にみんなでヤマトに乗り込んで魔導エンジンをみんなで動かして「これが私たちのウィッチの力だ!はっはっは!(もっさんの高笑い)」とかなんとかで主砲でネウロイ倒してBパートはその後のみんなの生活を描くとかまた別のネウロイを倒すために私たちの基地での訓練生生活はまだまだ続くよ!とかそんなゆるい終わり方でも良かったのかもしれない。とにかく解散しないでほしかったなぁ。妄想の余地をくださいよー。









結論:来週から俺は何を楽しみに生きればいいんだろうか


イジョ

9/22

今日が祝日前と言うこともあって、同僚の方と飲んでました。よってお休みです。なんで最近すぐ休むのん?とか言わずに休ませてください。アルコール入るとすぐ眠くなるようになってきました。なんでだろう。肝臓か。

イジョ

9/21

最近?ネット上で色々とネタになっているもの


・アイマス2

私のような素人には考え付かない経営戦略なんでしょう。おそらく。ライバルユニットを出すことで対決風味にして対抗心を煽りたかったのか、それとも単にファンを煽りたかったのか。



・FF14

14の爆死のせいでなぜかMoEの新規さんが増えたとかなんとか。
はた目から見ると面白そうなんだけどねぇ。月額課金はやりたくない。



・テクノブレイク

こんな単語がありながらなぜ今まで表舞台に出なかったのか…。
テクノブレるとかいう隠語は流行らないんですか。(長いよ)






気がつけば時間無い

イジョ

9/20


タイミング的な問題だったのですが更新が無かったのは某A先輩宅へお邪魔しに行ってただけでダウンしたとかそういうわけじゃないです。

まあ結局頭痛が酷くなってダウンしてたんだけど…
休日に限ってなんやかんや体調が悪くなるのう。悲しい。



それにしても狙ってポーズを描く行為に挫折のバーゲンセールです。
(何回目だ)

絵の安定なんて無かった。それは神話のようだった。




ちっとも思うようには世の中回らんなぁ。
あと少しぐらい優しくしてくれてもいいんじゃないかナー。神頼み神頼み。
今週は祝日があと一日あることは神様のプレゼントだと思う。

イジョ

9/17

だるい…なんだこの圧倒的倦怠感…
休日前の金曜日だってのに

寝たら治る多分

イジョ

9/16

ストパン11話が思ったよりクライマックスを煽ってきました。
ちゃんと最終話は盛り上がる展開になりそうです。主にもっさんが。

意外に扶桑軍が活躍したのが今回の目玉かなぁ。そして今回一番出番のないペリーヌ。台詞が…数えるほども無い…。3期ではメガネを捨てて活躍してほしいですね。無理か。一応復興組でリーネとペアのはずなんだけど、未だにシングル扱いが多いもんなぁ。

ある意味で一番の武器はそのハブラレっぷりなんだけどね!
(ぼっちコラ的な意味で)


ちょっと今日も短縮更新です。

イジョ

9/15

なんかネタはあったんだけど時間が無い罠
しかし急に寒くなったな…

イジョ

9/14

頭痛いからお休み
風邪引いたかな…?

イジョ

9/13



続くのかこれ


キャラクタとかネームとか細々と作ってたけど全然面白くなる気がしないので全部捨てて初心に戻ってぶっつけでやることに。練習になればそれでいいのかな。オチとか知らん。そんな崇高なものはちゃぶ台に巻き込まれてどっかいきました。ビックバン!ビックバン!うぃーうぃるうぃーうぃあー!ナムサン!先着少数名様に着床!あーほら頑張ったけどオチとか無かった。何も無かった。(ズームアウト)

イジョ

9/12

また気がついたら日曜日になってるし。もうPM4時近いし。ウェヘヘ。



・「生活保護費に冷房代の加算を」と生活困窮者が言い出した

こういうのはネタであってほしいですね。



・大卒の4割が就職できないってマジで日本終了じゃね?

日本ってもうネタですよね。(色々と)




あとこのコピペあるけど



なあ、お前と飲むときはいつも白○屋だな。
一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。
俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、
おごってもらったのが白木屋だったな。
「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。金が余ってしょーがねーから」
お前はそういって笑ってたっけな。
俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、
お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。
「毎晩残業で休みもないけど、金がすごいんだ」
「バイトの後輩どもにこうして奢ってやって、言うこと聞かせるんだ」
「社長の息子も、バイトまとめている俺に頭上がらないんだぜ」
そういうことを目を輝かせて語っていたのも、白○屋だったな。
あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときもやっぱり白○屋だ。
ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。
別に安い店が悪いというわけじゃないが、ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。
油の悪い、不衛生な料理は、毒を食っているような気がしてならない。
なあ、別に女が居る店でなくたっていい。
もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、本物の酒と食べ物を出す店を
いくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは?
でも、今のお前を見ると、
お前がポケットから取り出すくしゃくしゃの千円札三枚を見ると、
俺はどうしても「もっといい店行こうぜ」って言えなくなるんだ。
お前が前のバイトクビになったの聞いたよ。お前が体壊したのも知ってたよ。
新しく入ったバイト先で、一回りも歳の違う、20代の若いフリーターの中に混じって、
使えない粗大ゴミ扱いされて、それでも必死に卑屈になってバイト続けているのもわかってる。
だけど、もういいだろ。
十年前と同じ白木屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。
そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ。





本人は夢を語ることすらできなくなってるじゃん!ともだち全否定かよ!みたいな。まあこの友達との接し方を見るに大して仲良くない(むしろ嫌ってんじゃないのか)みたいですし、別に否定意見を持つこと自体はどうでもいいんですが。見下してるのはどうなんでしょうねぇ。毎日毎日残業で命をすり減らしながら金を得るのとある程度自分の時間が持てる生き方ってのはそりゃあ収入も違ってくるでしょうと。責任に伴う精神的拘束が一番嫌だなぁと私は思います。笑えないんだもの。しがらみを全部捨てて田舎のぼろアパートで孤独死が最近の毒男のトレントです。どっちみち笑えないっていう。ワラエナスワロス。


アルバイトが雇用の保証が無い、キャリアアップも無いって問題点を出してるのは分かりますが、今じゃ社員もバイト以上にこき使われて昇給もボーナスも無しで残業代も出なくて収入大して変わんない(と勝手に予想)んだから、ひょっとしたら金銭面では今はあんまり変わんないのかもしれません。いや知らんけど。実際のところなんて。要は将来への貯蓄か収入の当てがあればそれで良しと。



そもそもこのコピペが出来たころと今では環境が違いすぎる(と勝手に予想その2)ので、考えるだけ無駄な気はします。




英語覚えて日本を飛び出すのが一番というのが結論でしょうか。私自身、歳とって家庭を持った時はどうするのって考えは抜け落ちてるので(知らん知らんなにもかも知らん)結局一番の勝ち組は生活保(もう駄目だこの結論)





このサイトの文章は9割がネタです。まぢになっちゃってどうすんのー。

イジョ

9/10

飲み会で終電帰りだったのでお休み。ねふい。

イジョ

9/9

・ストライクウィッチーズ2 10話「500over」



ルッキーニ
「やっぱり(胸の大きさは)シャーリーのかーち!」

シャーリー
「ふんっ!」





まるせーゆ(ゲスト)
「(私の胸の方が)形は世界一だ!」

ルッキーニ
「おおー!」








よしか
「うわ〜〜〜〜〜〜(おっぱい博覧会だー!)」




































リーネ
「・・・よしかちゃん・・・(おっぱいなら何でもいいの・・・?)」





リーネ、そんな病人を診るような目つきで・・・・・最高だ…
今回の話はリーネのジト目のインパクトに負けました。
というよりネタ少なめの真面目なハルトマンのお話でした。ハルトマン良い子すぎる。どうハルトマンを話に絡めるんだ?と思っていたらまさかの砂漠からゲスト。これは完全に予想外。ファンサービスですね。(あんまり良い役じゃなかったけどね!)ハルトマンとマルセイユに押されて他のキャラは出番少なめ影薄めですが、それでも軍艦とか戦闘シーンとかを含めると前回のペリーヌ回より大幅に手が込んでてやっぱりペリーヌ<<<ハルトマンなんだなという点が明らかになりました。今更か。

残るところ2話となったわけだけど、今回のテコ入れ(ゲスト登場)は他のウィッチも出るよってことの肩慣らしなのだろうか。いらんこ中隊とか。無いか。尺が足りなさすぎる。そもそもたった2話しかないのにどう終わらせるんでしょうかね…。



またらいすう。

イジョ

9/8

お休みでゲス

イジョ

9/7

・森山直太朗って乳首引きちぎったらマジギしレそう

今月のタイトルインパクト第一位
内容はどうでもよかったけどこのスレタイは卑怯だ、卑怯すぎる





なんかねー…もうすべてが面倒くさいですー…中二病のころってやたらとめんどくさいアピールしたがるよねー…ダルい俺かこいいみたいなー…あー…風呂入るのも歯磨くのもめんどくせぇー…いやするけどさー…朝起きるのが一番めんどうだー…もう眠ったまますべてを投げ出したいー…明日目が覚めたらここがハルケギニアにでもなってねぇーかなー…それはそれでめんどうかー…いっそ脳みそにスイッチあったら楽なのにねー…オンオフー…




なんかこのスタンス見たことあると思ったらめどいさんだった。
とっしーたちはいつもこんなこと考えて生きてんだなぁ偉いなぁ。(棒)

いわゆる黄金期の二次裏は無職道程引きこもりこそが住人であると言われてたけど、実際にはそういう設定を楽しんでいるリーマンが本当の大半の住人ではないか、とか、いう話があったけど、確かにそんな気がしてきた。営業石とか今思うと悲しい。明日とか来なければいいのに。

イジョ

9/6

脳内文庫『あくるひ、午後の友人ら』 第8章2項4段落目より抜粋



「もう僕には窓から眺めるだけの夏と、ディスプレイの中に描かれているだけの夏の、二つの明確な区切り線なんて無いんじゃないかなぁとすら思えてきたよ。いやぁ、その話とは別でね。そもそもが、夏だろうが冬だろうが、外を眺めるだけの余裕が無いんじゃあ生きてるとすらいえないけどね。そうさ。僕は生きてるけど、ここにいるようでどこにもいないんだ。君と同じ外にいるようで、僕はずっと中にいてさ。明日も明後日も、僕が見るのはゴンドラからの風景であることに変わりは無くて、降りることは出来るけど、それだけの勇気が無くて。自然って触れてはじめて分かるもんだろう。写真で見る森と、実際に上る山とでは、関わり合いが違うって、君も言ってたじゃないか。人の考えた教訓なんて突き詰めたら、似たようなもんになっちまうのさぁ。ああ、ああ。僕もあの夏の下で君とアイスを食べていたいなぁ。そしたらどれだけ幸せだろうか。きっと肌が暑くて熱くてじりじりするだろう。ああいいなぁ。夏を実感できるなぁ。」




でっていう

んでんでんでwwwww

イジョ

9/5




日曜日は夕方を回るともう月曜日の空気がしてきて泣きたい。



もとのんさんにいつぞや突っ込まれてますが本当にもう休日の反動が酷い。逆に平日の夜より辛いレベル。そもそも休日がもらえるだけありがたい事だろとか言われたらそれまでですが、だるいもんはだるいんですよ。働きたくないモノは働きたくないんですよ。可愛いは正義ですよ。女の子はにゃーんにゃん。おっそぁかかってこいやすっとこどっこい!!(何かに向かって叫ぶ)




ああ、私もこれ(ここでは月曜日に会社に行かなければならない現実を指す)がインターンで実はまだ大学生でしたって事にしてしまいたい。私がもしこの物語の作者ならワードの1ページや2ページ削除してでもあのセーブポイントまで戻したい。卒研終わったぐらいまで戻りたい。ていうかね、やっぱりインターンとか職業体験だとか、そういうのは経験しておくべきでした。そしたら自分には社会人が向いてないなって気づけたかもしれないし。こんばんわゆとりです。ゆとりちゃんってかわいいよね!(イラッとしないで☆)





某KARISUMAさんと某ありすとさんと某友人(ハンドルネームここで使っていのか分からんので省略)でスカイプ繋げて喋りながらネトゲしてファンタジー世界の敵をザクザク倒しながら「やっぱ同人ゴロで稼いで生きていけたら(後の事はともかく)人生楽しいよなぁ」ってきわめて現実的な話をしていました。もう逃げ場所は無いな。年齢的にも何もかも。

イジョ

9/4

ストライクウィッチーズ2の9話はやっぱりやられやくでも見ててください。(これをやり始めると雑記サイトとしての存在意義が終わっちゃうけどね!)

本当にペリーヌはメガネを外すべき…ぐぬぬ…おしい…。
でもメガネ外したらただの金髪英国小公女になってしまうのか。いやいいけど。


しかし9話は7話に続いて世界観崩壊も良い所でしたね。ギャグアニメと百合アニメと美少女SFを行ったり来たりしてるから安定感が無いのかなぁ。まあストウィに至っては大して痛手でもないんでしょうけども。今回の見所はなんと言ってもおっぱいガン見の宮藤さんですよね。宮藤×乳で1話つくるべき。おっぱいに顔をうずめて幸せ、を体現したアニメはストライクウィッチーズだけ!あと晴れてオチ担当の地位を手に入れたミーナさんはそういうキャラでいいと思いました。




なんかあんまり回復して無いので今日はこの辺で。

イジョ

9/3

なんか妙にだるいので更新お休みします、ってのを二日前から言おうとして忘れてました。遅すぎる埋葬。あと今日もお休みします。明日は復活してるとおもふ。

イジョ
inserted by FC2 system